« 最後のご褒美? | メイン | チークスーツ »

ある日のダンバートンにて

【MMORPG » Mabinogi » Diary

ある日の事、ダンバートンにいつものように居ると
どこからか全体チャットが入ってきた
何があったかは分からないけれども
それは、「知らない人が話しかけてきたら気をつけようね」っというもの
いあ~当たり前の事だとは知りながらもちょっとショックでした

βテストから相方と二人で始めたマビノギでしたがバラバラ
相方は狩り仲間を見つけていましたが
私は、もちろんお友達なんていませんでした
あまりの寂しさに人見知りする私が、演奏をしている人に
「側で聴いていてもいいですか?」っと話しかけた事がありました
演奏できるなんて凄いっと思いましたし
楽器なんか持った事ない私は、それがランダム曲だとも知らずに
もちろんその方には、「なんだこいつ」っと思われていたようです
何回かお友達になれたらっと話しかけてみた事もありましたが
その後が続かないのですよね・・・。
やっぱり知らない人が話しかけてきたら引いてしまいますもんね
私も楽しい会話なんて出来ないですし(・・、)
それ以来、こちらから話しかけることは一切しなくなりました

この数ヶ月も、本当にいろいろ話せるお友達ができた?かと
思っていたのですが、私の思い過ごしだったみたいですし・・・
本当に難しいです。。。悪く言えば、また裏切られたっというか
何を信じていいか分からない状態になってしまいました
たった、1年半でこんなに何度も繰り返すとさすがに・・・。
そうだからと言って、他に行くところもない
一人だと私も壊れそうですが、仕方ないのかもしれませんね・・・。

YOH : 2006/09/21(Thu) 01:45 | Retweet |

このエントリーへのリンクURL:

Trackbacks

このエントリーのトラックバックURL:

Trackbacks


Home » MMORPG » Mabinogi » Diary » ある日のダンバートンにて
Top